AMP HTML変換の「Rabbit」がAMPプロジェクト公式プラットフォームに認定

AMP対応ソリューションを提供してきたアイスリーデザインが公式プラットフォーム認定
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションのアイスリーデザインは、モバイルビジネスソリューションGOMOBILEシリーズのAMP HTML変換サービス「Rabbit(ラビット)」が、AMPプロジェクト公式プラットフォームの認定を受けた、と2月20日発表した。AMPプロジェクトは、誰でも利用しやすいWebの実現を目的としたGoogleと「Twitter」を中心に推進する取り組み。アイスリーデザインは、モバイルUX向上の思想に賛同し、2017年よりAMP対応ソリューションを提供していた。

アイスリーデザインは、WebページのURLをフォーム内に入力するだけでAMP HTMLを自動生成する「AMPジェネレーター」を無償提供し、AMPに詳しくなくても、最小限のコーディングで最新・最適なモバイルSEMが実現できるよう、小規模サイトのAMP対応ニーズに応えてきた。今回のプラットフォーム認定は、こうした取組みをAMPプロジェクトが評価したもので、Rabbitは日本における唯一のAMP変換サービスとなっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]