LINEがスマートフォン専用調査「LINEリサーチ」で「ライトコース」の正式版提供を開始

簡易アンケート向け、短期間に低コストで可能、先行体験版利用企業は迅速さなどを評価
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、スマートフォン専用の調査プラットフォーム「LINEリサーチ」で簡易アンケート向け「ライトコース」の正式版の提供を始めた、と2月1日発表した。フォーマットに沿った調査票をLINEに提出するだけで実施でき、調査後は簡単な集計データ・グラフが取得できる。先行体験版を2017年11月から展開し、今回正式に開始した。先行体験版を利用した企業からは、調査票入稿ステップの簡易さや実施から回収までの迅速さが評価されたという。

ライトコースは、短期間に低コストで調査したい場合や、ランキング調査といった結果のイメージが明確なスポット型の簡易アンケートに適している。企業は目的に合わせた調査が手軽にできる。画面作成や配信、回収はLINE側が担当する。料金は9800円(税別)=100サンプル・設問1~3問=からとなる。LINEリサーチは383万人のアクティブな調査パネルを基盤にする。10~29歳が56%を占める。ライトコースのほかに「サポートコース」がある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]