AppierのDSPが「Yahoo!アドエクスチェンジ」と接続開始、AIでターゲティングや入札を最適化

ネットワークの広告在庫買付けが可能になり、質の高いオーディエンス獲得が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/11/13 7:00

AIテクノロジーのAppier(エイピア)は、ヤフーの広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」と、AppierのDSP「CrossX プログラマティックプラットフォーム」との接続を開始した、と11月9日発表した。AppierのDSP(デマンドサイドプラットフォーム)を利用する広告主や媒体社は、Yahoo!アドパートナーに参画する媒体社ネットワークの広告在庫買付けが可能になり、質の高いオーディエンスの獲得が期待できるようになるという。

AppierのCrossX プログラマティックプラットフォームは、キャンペーンに最良なオーディエンスを特定して広告在庫を購入する。AIによるオーディエンスのターゲティング、在庫情報と入札、最適化機能によって、クロスデバイスキャンペーンの効果を高める。どのオーディエンスの、どのデバイスに、どのタイミングで配信するのが良いかを決定するために、ユーザーのデバイス所有権情報とクロスデバイスにわたる行動データを活用する。また、ビジネスの目的に合わせてカスタマイズしたAIアルゴリズムを提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]