「バナー広告・検索結果の広告が購入に影響する」は5割超、「SNSの広告・動画広告」は2割

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、「2017年デジタルメディア利用実態調査」をまとめて発表した。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、「2017年デジタルメディア利用実態調査」をまとめて発表した。

本調査は、デジタルデバイスの保有、デジタルサービスの契約、利用動向といったデジタルメディアの利用状況について年代別の動向をまとめている。本ニュースでは、利用動向について紹介する。詳細な調査結果は、記事下リンクより参照。

バナー広告、検索結果の広告を見て購入する5割を超える

オンライン広告のなかで購入の決定に大きく影響するのは、「バナー広告」、「検索結果に表示される広告」が回答の50%を上回る結果となった。一方で、動画広告やSNS上の広告を挙げる割合は20%程度だった。

 

オンライン動画広告をスキップする6割

「オンラインでの動画広告をスキップする」「録画番組のテレビCMを早送りする」と回答した人は60%を超える結果になった。

 

広告ブロックソフトウェア(アドブロッカー)は1割

全体の12%が広告ブロックソフトウェアを使用している。利用していると回答した人に利用目的を聞いたところ、82%が「広告の回避」、77%が「オンライン上での動作スピードやパフォーマンス向上」と回答した。

 

購買に影響する情報・広告は口コミが7割

購買に影響する情報として、最も高い割合となったのは、「友人、家族、知人など周りの人からの勧め」で70%に及んだ。次いでテレビCM、テレビ番組が50%以上となり、企業から直接発信される情報、新聞広告などがそれに続く結果となった。

 

調査概要

本調査はデロイトグローバルの委託を受けた独立調査会社が14歳以上の一般消費者を対象に実施したオンライン調査の結果。

  • 調査実施期間:2017年2月~2017年8月
  • 回答者数:日本国内分2,018名
この記事が役に立ったらシェア!
tweet73はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]