マルケト、「Marketo ABM」にIPアドレスから企業情報を取得するAPI「どこどこJP」を追加

エンゲージメントエコノミーで成果を出すマルケトのコミットメントの一環として提供
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングソフト開発のマルケトは、Geolocation Technology社が提供するIPアドレスからユーザーの位置や企業情報などを認識するAPI「どこどこJP」を「Marketo ABM」の新機能として搭載した、と10月11日発表した。マーケティング担当者やCMOがエンゲージメントエコノミーで成果を出すためのソリューションを提供するというマルケトの日本市場へのコミットメントの一環として提供した。

どこどこJPをMarketo ABMの新機能として追加したことで、日本企業の最新のIPアドレスと紐付けられた企業名や業種、従業員規模、位置情報などのビジネスデータをもとに、重点顧客とリード情報を自動的に紐付けることが可能になる。重点顧客に最適なタイミングでリーチし、ビジネスの可能性を広げ、利益の最大化を支援する。どこどこJPをMarketo ABMの機能として搭載することで、運用工数が軽減され、常に最新のビジネスデータでABM(アカウントベースドマーケティング)の実践が可能なるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]