Twitterのハッシュタグ誕生10周年、1日の平均利用数は1億2,500万個へ

Twitter上で初めてハッシュタグが使われた2007年8月23日から10年目を迎えた
よろしければこちらもご覧ください

Twitterは8月23日、Twitter上でハッシュタグが誕生してから10年目を迎えたことを発表した。

Twitterで初めてのハッシュタグ「#barcamp」が使われたのは2007年8月23日のこと(米国時間)。@chrismessinaでツイートされた「#barcamp みたいに#を使ってグループをつくるのをどう思う?」という内容だった。

そのときから「#」から始まるハッシュタグはツイートをカテゴライズするタグとして世界に広まり、ソーシャルメディアを代表するシンボルの1つとなった。

現在、Twitterのハッシュタグは世界で1日平均1億2,500万個使われている(2017年7月1日から8月初旬の平均値)。世界で最も多く使われたハッシュタグは、音楽に関連した「#nowplaying」と、おすすめのアカウントを金曜日に紹介する「#Followfriday」で、どちらも5億回以上使われているという。

日本語ハッシュタグが利用可能になったのは2011年7月。東日本大震災におけるTwitterの利用状況が大きなきっかけだった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AR
ARとは、「拡張現実感(Augumented Reality)」の略で、実際の景 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]