トランスコスモスがエンターテインメント業界に特化した新子会社「playground」設立

電子チケット発券システムとマーケティング支援サービスを展開、デジタル化を後押し
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、エンターテインメント業界に特化して電子チケット発券とマーケティング支援サービスを手掛ける新たな子会社「playground(プレイグラウンド)」を6月1日に設立する、と5月31日発表した。子会社でオムニチャネル(販売ルート融合)マーケティングのLeonis&Co.(レオニス)が展開する電子チケット発券システム「QuickTicket」事業を切り出し、エンターテイメント業界向けにQuickTicketの提供とコンサルティングサービスを行い、同業界のデジタル化を後押しする。

playgroundは、レオニスと同じ東京都新宿区新宿に事務所を置き、レオニスの共同代表がトップに就く。QuickTicketはスマートフォンの「LINE」「Facebook」やメールなどコミュニケーションアプリで電子チケットを発券するクラウドサービス。導入企業は既存のチケット販売・管理システムとの連携で電子チケット機能が提供できる。playgroundは、電子チケット発券を通じた来場者のデータ分析や、デジタルコミュニケーションに関するコンサルティングも実施し、興行品質や顧客満足度、収益性の向上を支援する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイバースクワッティング
サイバースクワッティングは、転売などの不正な目的で、ドメイン名を取得・使用するこ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]