ニールセンデジタルが「Twitter」のモバイルキャンペーン測定を日本で提供開始

テレビに使用する指標をTwitterのモバイルアプリの広告キャンペーン計測に適用
よろしければこちらもご覧ください

視聴行動分析サービスのニールセンデジタルは、「Twitter」のモバイルキャンペーン測定の提供を日本で始めた、と5月17日発表した。Twitterのソーシャルプラットフォーム上の広告が意図した視聴者にどれだけ効果的に到達したか分かる。広告視聴率のプラットフォームを活用する。従来の米国に加え、新たに日本を含む23ヵ国・地域で開始した。モバイル広告が成長する中、Twitter上のマーケティング効果の把握が重要になるという。

テレビに使用する指標をTwitterのモバイルアプリで展開する広告キャンペーンの計測に適用する。年齢や性別ごとの視聴者数、リーチ(到達率)、フリーケンシー(頻度)、GRP(延べ視聴率)などとなり、広告主、広告代理店、媒体社にオーディエンス(広告の受け手)の検証を可能にする。日本、米国やアジア、欧州、中南米の24ヵ国・地域の市場をまたいでTwitterのモバイル広告のリーチを包括的に測定し、キャンペーンの最適化につなげる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]