コンテンツレコメンド「AJA Recommend Engine」、メディアを保護するブランドセーフティ機能を強化

AJAのレコメンドソリューション、ブランド毀損に繋がる広告などを排除しブランドを保護
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/5/8 17:59

インターネット広告のサイバーエージェントの子会社でアドテクノロジー事業のAJAは、コンテンツレコメンドソリューション「AJA Recommend Engine」において、広告配信におけるメディアのブランドセーフティ機能を強化した、と5月1日発表した。運用型広告を通じた広告配信ではメディアのブランド毀損につながる広告クリエイティブの掲載という課題を抱えている。AJA Recommend Engineは、メディアへの広告配信の際、ブランド毀損に繋がる広告主や広告クリエイティブを自動的に排除することでブランドを保護するブランドセーフティ機能を強化した。

AJA Recommend Engineを導入するメディアは、広告配信の際に、独自のロジックによって広告主の審査を行い、基準を満たさない広告主の広告を自動で排除することが可能になる。著作権や景品表示法、薬機法に反するクリエイティブや、ユーザーに不快感を与える広告クリエイティブなどを自動的に排除することで、メディアのブランドを守りながら、高精度な広告配信を実現するという。AJAでは、機能強化によってメディアのブランディング向上に貢献するとともに、今後もメディアの収益向上を実現するため、機能拡充に努めていく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]