富士通が米国Tealiumとデジタルマーケティングで協業、データプラットフォーム導入

ウェブの行動履歴やアクセス手段、購買履歴、属性情報を顧客単位で統合して一元管理
よろしければこちらもご覧ください

富士通は、タグマネジメント事業大手の米国Tealium(ティーリアム)とデジタルマーケティング事業で協業することで合意した、と9月28日発表した。ティーリアムのカスタマーデータプラットフォームを導入し、富士通の業種・業務システム構築・運用のノウハウを生かして顧客の既存システムと連携。高度なデータ分析を使うサービス・ソリューションと組み合わせて提供する。顧客の特性がより詳細に把握でき、顧客それぞれの行動を捉えた最適なアプローチを支援する。

ティーリアムのカスタマーデータプラットフォームは、広告配信ツールやマーケティング自動化ツールなど、さまざまなツールごとに管理しているウェブの行動履歴やアクセス手段、購買履歴、属性情報などを顧客単位で統合。行動や状態の変化を一元的に管理・把握できるようになる。富士通は同プラットフォームを活用し、マーケティング高度化に向けた導入のコンサルティングや、顧客の好みや状態に応じた施策の提案、業務システムとのスムーズな連携支援を展開する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]