セールスフォース、マーケティングオートメーションのシナリオ設計を容易にする「Engagement Studio」機能追加

マーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」に新機能追加、マーケティングシナリオ設計を容易にする
よろしければこちらもご覧ください

セールフォース・ドットコムは、同社のBtoBマーケティングオートメーションツール「Salesforce Pardot」の新機能「Engagement Studio」を6月28日に提供開始した。Pardotの標準機能として無償で利用できる。

Engagement Studioは、Pardot上でのマーケティングシナリオの設計や分析をサポートする新機能。BtoB企業のマーケティングチームのコマンドセンターとして機能し、1つの画面上でシナリオ設計、実行、効果測定、検証まで一括管理できるようになる。これまでも、Pardot上で同様の設定はできたが、ビジュアル化された1つの画面で簡単に管理できることが特徴。

Engagement Studioを使ったイベント集客の設計例。「Action」「Trigger」「Rule」を組み合わせていく。
設計したシナリオはその場でテストできる

具体的な活用例として、たとえば、イベントページを見た人(Trigger)に案内メールを送信する(Action)。イベントフォームで申し込んだ人(Trigger)のうち、ある役職の人の情報(Rule)を担当営業に渡す(Action)、といったことがマウス操作だけで設定できる。セールスフォースで管理する顧客情報と連携し、ルール設計することなどもできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]