トランスコスモスが心理学を応用した広告制作メソッド「Gorilla」を開発、効果向上

運用型広告制作を強化、心理状態に応じたキャッチコピーやグラフィックデザイン活用
よろしければこちらもご覧ください

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、心理学を応用した広告制作メソッド「Gorilla(ゴリラ)」を開発し、運用型広告制作サービスを強化する、と3月23日発表した。広告効果の向上を目的にする。デザイナーやプランナーのカンや経験に頼るのではなく、複数の心理学的なアプローチで論理的に制作物をつくる。顧客の心理状態に応じた最適なキャッチコピーやグラフィックデザインをバナーやランディングページにちりばめ、広告への興味や購買意欲を高める。

トランスコスモスは、広告制作物への心理学の応用を研究する専門チーム「マーケティングサイコロジーラボ」を2015年に立ち上げ、その成果でゴリラを開発した。Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示するインフィード広告をゴリラで制作・運用したところ、クリックスルー率が平均20%向上したほか、コンバージョン(最終成果)率を2倍に高めながら顧客獲得単価を3分の1に抑えた例があった。ゴリラを利用した広告制作を2016年度中に60社に提供する。

トランスコスモス
http://www.trans-cosmos.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]