さくらインターネットがサービスをつなぐ「ハイブリッド接続」に「ハウジング」追加

「さくらの専用サーバ」「さくらのクラウド」とハウジングをつなぐシステム構成を実現

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、異なるサービスの間をローカルネットワークでつなぐサービス「ハイブリッド接続」の対象に「ハウジングサービス」(西新宿データセンター/代官山データセンター)を3月1日に加える、と2月23日発表した。これによって同社の「さくらの専用サーバ」「さくらのクラウド」「リモートハウジング」とハウジングサービスをつなぐシステム構成を実現する。

ハイブリッド接続は、複数の異なるサービスをネットワークで接続して同一のセグメントにし、仮想サーバーと物理サーバー両方の利用を可能にする。仮想サーバーと物理サーバーを1つのインフラシステムとし、それぞれの利点を生かした柔軟性のあるインフラが構築できる。ハウジングサービスのハイブリッド接続料金は初期費用が5400円、月額2700円、物理回線接続費用は10Gbpsで初期費用10万8000円 (いずれも税込み)。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]