リンク、クラウドサービスの新ラインアップ「L7 ロードバランサ」の提供開始

高速のSSLアクセラレータ機能を標準で搭載し、ネットワークの高速化などを実現
よろしければこちらもご覧ください

ネット関連サービスのリンクは、物理サーバーの追加・削除・コピーがコントロールパネルの操作で可能なベアメタルクラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」において、2016年2月17日より「L7 ロードバランサ」の提供を開始した、と同日発表した。L7 ロードバランサは、高速のSSLアクセラレータ機能を標準で搭載することにより、ネットワークの高速化・可用性の向上を実現する。L4レベルでの負荷分散に加え、アプリケーション層(第7層)の情報を用いたL7レベルでの高度な負荷分散が可能となる。

L7 ロードバランサは、ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン、リーストコネクション(最小接続)など、多様な負荷分散アルゴリズムを持つ。SSLの暗号化/復号化処理機能を行うSSLアクセラレータの搭載でSSL通信を高速化し、バックエンドサーバーの負荷を低減する。IPベース、CookieベースのほかURL埋め込みIDベースにも対応するため、PCだけでなく携帯電話のセッション維持が可能。バックエンドサーバーの稼働状況をPINGレベルだけでなく、アプリケーションレベルでも定期的に確認できる。また、Virtual Serverへのコネクション障害が発生した場合のソーリーページがアップロードできる。

リンク
http://www.link.co.jp/

ベアメタル型アプリプラットフォーム
http://app-plat.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]