P1のSSP「YIELD ONE」がディスプレイ広告指標「Viewable impression」自動判定に対応

広告枠が可視領域にあるか判定して表示、同じページでも広告枠が表示されるごとに配信

インターネット広告事業のプラットフォーム・ワン(P1)は、同社のSSP(サプライサイドプラットフォーム)「YIELD ONE」が、ディスプレイ広告の新たな表示計測指標「Viewable impression」の自動判定配信に対応した、と1月26日発表した。国内のSSPで初めてという。広告枠が可視領域にあるかを自動的に判定して広告を表示する。Viewable impressionは、バナー広告で広告の50%の面積が1秒以上露出した場合と定めている。

広告の視認性を確認する指標としてViewable impressionの活用が拡大する一方、計測にはツールが必要になり、媒体社にとっては販売できる広告枠が減少する課題があった。自動判定配信に対応したことでYIELD ONEは、同じページ内でも広告枠が表示されるごとに新たな広告を配信する。ウェブページに広告枠が表示された後、スクロールで広告枠が表示スペースを外れ、再び広告枠が現れるとそれを検知して広告を配信する。

プラットフォーム・ワン
http://www.platform-one.co.jp/

YIELD ONE
https://yieldone.com/service/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]