中国銀聯カードに対応したEC決済サービス「銀聯ネット決済」をソフトバンク・ペイメント・サービスが提供

中国人観光客増加に伴い拡大する越境EC向けの決済手段としてSBPSが提供するサービス
よろしければこちらもご覧ください

クレジットカードやコンビニ決済などを提供するソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、訪日中国人観光客増加に伴い利用が拡大している越境EC向けの決済手段として「銀聯(ぎんれん)ネット決済」の提供を1月21日に開始する、と同日発表した。SBPSは「UnionPay(銀聯)」のメンバーシップライセンスを取得しており、「銀聯ネット決済」の申し込みから加盟店審査・提供までのサービスを提供する。

銀聯ネット決済を導入することで、越境ECを運営する事業者は、中国でもっとも普及している「銀聯カード」で支払いできることから、中国人観光客の訪日前の旅行サービス予約や、訪日後の日本製品の購入といったサービスの展開・拡大が可能になる。事業者には日本円に換算して入金するため、外貨換算は不要。売上明細などは日本語対応の管理ツールで確認することができる。

ソフトバンク・ペイメント・サービス
http://www.sbpayment.co.jp/

銀聯ネット決済
http://www.sbpayment.jp/asp/method/crossborder/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]