デジタルインテリジェンス、テレビCMの到達状況をリアルタイムに分析して補完する広告配信システム「CMARC」を開発

テレビCMのターゲット到達状況をリアルタイムで捕捉して、「手を打つ」ために開発
よろしければこちらもご覧ください

デジタルコンサルティングのデジタルインテリジェンスは、テレビCMの消費者への到達状況をほぼリアルタイムで捕捉分析し、ターゲットリーチの補完をデジタル広告配信で行うシステム「CMARC(シーマーク)」を開発した、と11月26日発表した。若年層へのテレビCMによる到達が難しくなってきていることから、テレビCMのターゲット到達状況をリアルタイムで捕捉して、「手を打つ」ために開発した。

CMARCは、デジタル広告の評価をテレビCMではリーチできなかったターゲットへの新しいリーチをどれだけ獲得したかを測定する実証実験を年内に行う。実証実験に参加するDSP、DMPは、「楽天DSP」、「ScaleOut DSP」、「Platform ID」、「インティメート・マージャー」で、テレビCM のターゲット到達をオンライン広告で補完することを検討している広告主数社と実証実験を予定しており、2016年早々にサービス開始する予定だという。

デジタルインテリジェンス
http://di-d.jp/

CMARCについて
http://di-d.jp/DI_20151126.pdf

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]