富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、グローバルCMS「SDL Tridion」の販売開始

Webコンテンツを多言語で配信・管理し、グローバルレベルでブランディング向上を実現
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/9/30 12:30

ICTソリューションの富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、CMSのグローバルWebサイト構築基盤「SDL Tridion(エスディーエル・トリディオン)」を9月28日に販売開始する、と同日発表した。SDL Tridionは、Webコンテンツを迅速に多言語で配信・管理し、グローバルレベルでのブランディング向上を実現する。同社では、急速に増加するグローバルWebサイトへのニーズに対応するためSDL Tridionの取扱いを開始することにした。

SDL Tridionは、マスターサイトの流用が容易なブループリント機能によってWebサイトの継承が可能となり、コンテンツ公開までの時間を短縮できる。Webページを構成する内容をコンテンツ、デザイン、アプリケーションのレベルで部品化し再利用することで、修正する際の時間も短縮する。サイトデザインやコーポレートメッセージなどブランディングに重要な要素を部品化し、各地域のWebサイトで再利用することで企業ブランディングを向上する。また、SDL WorldServerと連携することで、SDL Tridion内で直接、翻訳会社への翻訳リクエストから翻訳内容の承認までを管理できるようになる。

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
http://www.ssl.fujitsu.com/

SDL Tridion
http://www.ssl.fujitsu.com/products/website/sdl-tridion/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]