KDDIウェブコミュニケーションズが共用サーバー「シェアードプランACE01」の機能強化

ホスティングブランド「CPI」、WAF機能の搭載とウェブサーバーに「Apache2.2系」採用
よろしければこちらもご覧ください

KDDIグループでクラウド・ホスティング事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、同社のホスティングブランド「CPI」の共用サーバー「シェアードプランACE01」の機能を9月29日に強化する、と8月27日発表した。ウェブアプリケーションファイヤーウオール(WAF)機能を標準搭載し、ウェブサーバーのソフトに「Apache2.2系」を採用する。シェアードプランACE01は、複数サイトの運用が可能なマルチドメイン機能やウェブ自動バックアップ、メール機能などを備えるビジネス向けレンタルサーバー。

WAF機能の搭載はセキュリティを強化したいとするユーザーからの要望を受けた。ウェブアプリケーションのぜい弱性を狙う攻撃からウェブサイトを防御するセキュリティサービスで、これまで防御しきれなかった攻撃への対策を可能にする。加えて、Apache2.2系を採用することで、これまで以上により多くのCMS(コンテンツ管理システム)やウェブプログラムの動作要件を満たす環境を整えた。さらに、認証をIPアドレス制限のあるパスワードから、暗号化したプログラムのSSHによる鍵に変更する。

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

CPI
http://www.cpi.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]