データフィード管理サービス「CA DataFeed Manager」にEC向け「画像解析機能」追加

サイバーエージェントのアドテクスタジオ、広告配信先の基準に違反する画像を判別

インターネット広告のサイバーエージェントは、広告技術分野のサービス開発を行う同社の技術者横断組織のアドテクスタジオが開発・提供するデータフィード管理サービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネジャー)」に、EC企業向け「画像解析機能」を加えた、と6月18日発表した。データフィードは、企業が保有する商品データに基づき、広告配信先の仕様に合わせて送信する仕組みを意味する。

さまざまな商品データを保有するEC企業は、データフィードを利用して広告を配信する際、広告配信先によって掲載基準が異なるため広告入稿時に商品画像を目で見て確認していた。画像解析機能は、サイバーエージェントの独自基準に基づいて商品画像の色や面積などを解析し、各広告配信先の掲載基準に違反する商品を自動的に見付け、管理コストを削減する。細かな商品の除外設定もでき、効果の最大化につなげる。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

CA DataFeed Manager
http://web.df-m.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]