セラン、マーケティングオートメーションツール「xross data」のバージョンアップ版を提供開始

ECサイト構築プラットフォームEC-CUBEのプラグイン提供やJavaScriptタグの機能を拡張

インターネット関連ソフトのセランは、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data」のバージョンアップ版を12月16日に提供開始した、と同日発表した。xross dataは、キャンペーンマネジメントツールやプライベートDMPを導入する前に、まず顧客をリスト化し、メール配信など行動ログを組み合わせた効果の出やすい簡単な施策からデータベースマーケティングを試したいニーズにマッチするクラウド型サービスで、2014年8月に提供を開始している。バージョンアップ版ではロックオンのECサイト構築プラットフォーム「EC-CUBE」向けプラグインの提供、JavaScriptタグの機能拡張などを行う。

xross dataのバージョンアップではこのほか、メール配信までのリードタイムを短縮するメール配信システム連携機能、ユーザーのターゲットリストを素早く作成するユーザー属性別レポート機能、ファネル(見込み客の絞り込み)レポートへのフィルタリング機能強化、タブレットデバイスからのアクセスの認識などを搭載した。利用料金は初期費用5万円、月額費用4万円~。

セラン
http://www.cellant.jp/

xross data
https://www.xdata.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]