DNP、音に電子透かしを埋め込んでスマートフォンに情報を配信するサービスを開発

新宿駅東口の街頭ビジョンが採用、音を感知すると電子透かしから各種の情報を取得

大日本印刷(DNP)は、音に電子透かしを埋め込み、イベントやクーポンなどの情報をスマートフォンに配信するサービスを開発した、と12月11日発表した。東京・新宿駅東口の街頭ビジョン「ユニカビジョン」に採用され、12月15日に情報配信を始める。ユーザーが専用アプリ「VISION α(ビジョンアルファ)」(「iOS」「Android OS」対応)を立ち上げた状態でスマートフォンが音を感知すると、音源データとそこに埋め込まれた音響電子透かし情報を取得し、さまざまな情報が得られる仕組みとなる。

人の耳で識別しにくい電子透かし技術を活用しているため原音とほとんど変わらないうえ、既存のスピーカーでサービス提供できる。アクセスログはマーケティング施策に使える。1曲の中で部分ごとに埋め込む情報を変え、複数の情報配信も可能。ユニカビジョンでは、ライブや映画の音楽を感知するとキャンペーンサイトにアクセスし、グッズやイベントチケット、映画鑑賞券のプレゼントに応募できる。DNPは2015年1月に、印刷の画像電子透かしと音響電子透かしの両方に対応したアプリを配信する。

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

ユニカビジョン
http://www.yunikavision.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]