VRIとマイクロソフト、アプリ利用データによるスマートフォンユーザー分析「Cloudish」提供

VRIのデータをマイクロソフトのクラウド「Azure」に蓄積、表計算の「Excel」上で分析可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット利用調査のビデオリサーチインタラクティブ(VRI)と日本マイクロソフトは、10万人を超えるスマートフォンユーザーから収集したアプリ利用データを基に、時間帯・日別の動向やアプリ間の関連性、個別アプリのライフサイクルを予測・分析するプラットフォーム「Cloudish(クラウディッシュ)」の提供を4月に始める、と2月20日発表した。VRIのデータをマイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」に蓄積し、同社の表計算ソフト「Excel」上で分析できる。

Cloudishを活用することで、スマートフォン上でのマーケティング精度の向上や、アプリを活用した新しいビジネス機会の創出が期待できるという。月次でのアプリ別の利用率・ランキングに加え、時間帯・日別での分析と年代・性別、端末レベルなどのプロフィルで詳細なデータの分析が可能になる。ユーザー属性に応じた利用アプリの関連性から消費者の好みのパターンを発見する機能や、個別アプリのライフサイクルを予測する機能も利用できる。初年度に20社の導入を目標にした。

ビデオリサーチインタラクティブ
http://www.videoi.co.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]