Web広告研究会、第1回「Webグランプリ」アクセシビリティ部門の優秀10サイト発表

一次審査を通過した優秀10サイトを発表、最終結果は12月2日のグランプリ贈賞式で行う

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会は11月8日、第1回「Webグランプリ」の企業グランプリ部門の浅川賞(アクセシビリティ部門)の一次審査を通過した、優秀10サイトを発表した。

Webグランプリは、企業のウェブサイトに携わる担当者が切磋琢磨し、企業ウェブサイトの健全な発展をめざす「ウェブ関係者のウェブ 関係者による賞」として開催されるもの。アクセシビリティ品質を問う、浅川賞の優秀サイトは、本年度Webグランプリに応募した82サイトのうち、ソーシャルサイトを除く全サイトを対象に、ツール診断と審査員推薦などによって選出された(ツールは総務省が提供するアクセシビリティ診断ソフト「miChecker」を基本に開発したものを使用)。

浅川賞の二次審査は、優秀10サイトのなから身体に障碍を持つ有識者で構成される審査委員(委員長:浅川智恵子氏)の使用評価によって行われ、最終結果は12月2日のグランプリ贈賞式で発表される。

第1回Webグランプリ 企業グランプリ部門 浅川賞優秀サイト
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]