博報堂、「人を動かすマーケティング」を研究・実践する新組織「行動デザイン研究所」設立

行動に導くマーケティング力学を研究して人を動かす行動デザイン発想でプラニングを支援

博報堂は、「人を動かすマーケティング」に関する研究を行うとともに実践する新しい組織「行動デザイン研究所」を設立した、と7月22日発表した。生活者を実際の行動に導くマーケティングの力学を研究し、実際に人を動かす行動デザイン発想に基づくプラニングを支援する。従来の「認知・理解」を起点にしたマーケティングモデルではなく、共感の強さを基にした「まず行動を促す」ことを起点に投資対効果の高いマーケティングを目指す。

マーケティングの成果指標が、商品情報や広告への接触回数を示す「認知指標」から、来店、購買、推奨行動といった「行動指標」に移りつつある現状を受けた。効果の持続性を高めるため、「行動ビフォー/アフター」と呼ぶ方法論で生活者の新たな行動習慣をデザインし、ブランドとの絆を強めることで収益基盤を創り出す。行動が生まれる理由の体系化とモデル化を進め、社会心理学や行動経済学を踏まえながら行動の研究を行っていく。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]