高度IT人材「データサイエンティスト」を支援する「データサイエンティスト協会」が発足

必要なスキルや知識を定義、育成カリキュラム作成など、人材育成と啓蒙活動などを行う
よろしければこちらもご覧ください

「一般社団法人データサイエンティスト協会」は、高度なIT人材「データサイエンティスト(分析人材)」を支援する団体として、協会の発足を7月16日発表した。協会ではデータサイエンティストに必要なスキル、知識を定義し、育成のカリキュラム作成、評価制度の構築など、人材の育成と業界の発展への貢献、啓蒙活動などを行う。ビッグデータからビジネスに活用する知見を引き出す人材としてデータサイエンティストに注目が集まっている。新しい職業のため明確な定義がなく、対応領域も広いことから、協会を発足することにした。

データサイエンティスト協会では発足にあたり、ソーシャルメディア上に協会設立準備ページを設置。参画者による意見交換や有識者・学識経験者へのヒアリングを重ねてきた。議論を受け、2013年からは「データサイエンティストに関する人物像・スキルの定義」「エントリレベルのカリキュラムの策定」「研究成果の公開」「データサイエンティスト同士の交流、意見集約を行う場としてシンポジウム等を開催」を、2014年からは「ミドルレベルのカリキュラムの提供開始」「スキル標準と他関連資格との連携マップの作成」などの活動を行っていくという。

データサイエンティスト協会
http://www.datascientist.or.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]