デジタルアセット管理(DAM)の提供をアドビが開始 マーケティングとクリエイティブのクラウドサービス統合を強化

コンテンツ管理・エクスペリエンス管理サービス「Adobe Experience Manager」の新機能として提供
よろしければこちらもご覧ください

アドビ システムズは、デジタルアセット管理機能「Digital Asset Management(DAM)」を機能強化して提供することを、ユタ州ソルトレイクシティで開催しているイベント「Adobe Digital Marketing Summit 2013」で発表した。

同時に発表されたコンテンツ管理・エクスペリエンス管理サービス「Adobe Experience Manager」の新機能として提供する。

DAMは画像や動画などのデジタル素材を一元管理してWebサイトやマーケティングキャンペーンで利用できるようにするもの。

クラウドとして提供するDAMの提供により、デザイナーがDAMに登録した素材をWeb担当者やマーケターが利用するワークフローが実現できるようになるため、メールやFTPやファイル転送サービスでの素材のやりとりが不要となる。

DAMでは登録されたデジタル素材に各種メタデータを付与して管理したり探したりできるほか、Adobe Scene 7が提供する画像の自動処理機能と統合されており、デバイスやシーンに合わせて自動的に加工して表示に利用できる。

こうしたDAM機能の提供により、同社の提供するマーケティング向けクラウドサービスとクリエイティブ向けクラウドサービスの連携がより強化された形となる。

・アドビ システムズ社、クリエイティブとマーケティングのクラウドを統合(プレスリリース)
http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/20130306_ADAM.html

・Digital Asset Management(英語)
http://www.adobe.com/solutions/web-experience-management/digital-asset-management.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]