CMSの「CQ」と「Scene 7」を統合しアセット管理を統合したAdobe Experience Managerをアドビが発表

コンテンツ管理・エクスペリエンス管理システム製品を刷新した「Adobe Experience Manager」

アドビ システムズは、コンテンツ管理・エクスペリエンス管理システム製品を刷新した「Adobe Experience Manager」を、ユタ州ソルトレイクシティで開催しているイベント「Adobe Digital Marketing Summit 2013」で発表した。

Webコンテンツ管理システム(CMS)の「Adobe CQ」と、Eコマース向けのデジタル画像素材管理・表示システムの「Scene 7」を統合し、さらに新たにデジタル素材管理の「Digital Asset Management」を統合したもの。

これまで「Web Experience Management」ソリューションとして提供してきたサービスがメジャーアップデートされ、名称を変更した形。同社が提供するクラウド型のマーケティング統合サービス「Adobe Marketing Cloud」におけるエクスペリエンス管理製品として提供していく。

レスポンシブ・ウェブデザインのプレビューなどのモバイル機能や、ソーシャルメディアとの連携機能などが強化されているほか、Adobe Marketing Cloudの他のツールとの連携も強化されており、ターゲティング機能やメールキャンペーン用ランディングページ構築なども容易に行えるようになっている。

・Adobe Experience Manager
http://www.adobe.com/jp/solutions/web-experience-management.html

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]