日本レジストリサービス、「都道府県型JPドメイン名」の累計登録数が1万件を突破

登録数は東京(2426件)、大阪(724件)、京都(484件)、福岡(395件)、北海道(333件)の順
よろしければこちらもご覧ください

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、同社が管理する「都道府県型JPドメイン名」の3月1日現在の累計登録数が1万件を突破し、1万1078件となった、と3月4日発表した。3月1日現在の登録数は東京(2426件)、大阪(724件)、京都(484件)、福岡(395件)、北海道(333件)の順となっている。

都道府県型JPドメイン名は、「地域型JPドメイン名」対する「ドメイン名が長い」「複数登録できない」などの指摘や改善要望を受け、2012年11月にサービスを開始した。「○○○.hokkaido.jp」「○○○.tokyo.jp」「○○○.nagasaki.jp」のように、全国47都道府県の名称(都道府県ラベル)を含むドメイン名で、日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、いくつでも登録が可能。「○○○」の部分(第3レベルドメイン)は、英数字だけでなく漢字、ひらがな、カタカナなども使用できる。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]