ngi group、スマートフォン特化型広告配信システム「Bypass」が「CAMP」と連携開始

CAMPでワンタグを導入している広告主は設定によってBypassでコンバージョン計測可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告関連事業のngi groupは、同社のスマートフォン特化型広告配信システム「Bypass」で、インターネット広告のサイバーエージェントが提供するネットマーケティングプラットフォーム「CAMP」との連携を始めた、と5月14日発表した。CAMPで複数の広告メニューや計測ツールをまとめるワンタグを導入している広告主は、CAMPでBypassのタグを設定すると、Bypassでコンバージョンが計測できるようになる。

Bypassは、国内で初めてRTB(Real Time Bidding)に対応。RTBは、ユーザーの行動履歴や広告掲載媒体の効果データを基に、広告主がリアルタイムに広告枠のオークションに参加して入札し、広告を掲載する仕組み。Bypassには広告効果自動最適化や、訪問履歴から再度広告を配信するリターゲティング配信などの機能がある。CAMPとの連携によって、相乗効果から広告収益の向上が期待できるという。

ngi group
http://www.ngigroup.com/

Bypass
http://www.bypass.jp/ja/

CAMP
http://www.ca-mp.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]