日経BPコンサル、アジア横断調査「ブランド・アジア2012」でNokiaとAppleが圧倒的強さ

日本を含むアジア8地区で調査、SONYが各地区のトップ10に最も多く登場してタイでは1位
よろしければこちらもご覧ください

調査・コンサルティングの日経BPコンサルティングは、日本とインド、インドネシア、韓国、タイ、台湾、中国、ベトナムのアジア各地区を横断したブランド評価調査「ブランド・アジア2012」の結果を4月20日発表した。ブランド総合力ランキングのトップには、インド、インドネシア、ベトナムでフィンランドの携帯端末メーカーのNokia、台湾、中国、日本ではAppleが入った。

調査は2011年10~12月に20~50代の男女を対象に各地区の地元調査会社と連携して実施。サンプル数は各地区で800~2400。全地区共通の60ブランドと、各地区で選んだローカルブランドを中心にした40ブランドを評価した。Nokiaはタイで2位、Appleは韓国で2位となり、インド・東南アジアではNokia、東アジアではAppleが圧倒的に強いことが分かった。

各地区のトップ10に最も多く登場するのはSONYで、自国企業が多数を占める韓国を除く全地区でランクインした。中でもタイは1位、台湾が2位、ベトナムは3位に食い込んだ。ウェブ検索ではGoogleが日本、台湾、ベトナム、インドネシアで10位以内入りした一方、YAHOO!は台湾と日本だけとなった。ローカルブランドでは日本はSONY、台湾はモバイル端末のHTCがトップだった。

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]