アルファサード、「Salesforce」とWebサイトを連携する「PowerCMS for Salesforce」を提供開始

PowerCMSにより、クラウド型CRMのフロントエンドを自由に設計・デザイン可能
よろしければこちらもご覧ください

Web制作のアルファサードは、同社のCMS「PowerCMS」のオプションとして、顧客関係管理(CRM)システムの「Salesforce」とWebサイトを連携するツール「PowerCMS for Salesforce」の提供を3月21日開始する、と同日発表した。SalesforceとPowerCMSをネットワークでつなぐことで、PowerCMSにより、クラウド型CRMのフロントエンドを自由に設計・デザインすることができるという。

PowerCMS for Salesforceは、PowerCMSに投稿したWebページやブログ、コメントをSalesforceの「Chatter(社内SNS)」で共有可能。PowerCMSの会員サイトへのサインアップと連携して、Salesforce上に取引先や取引先責任者を自動作成するため、取引先に限定したクローズドなWebサイトを作成できる。また、会員サイトにはテンプレート化したログイン画面、パスワードやメールアドレスなど登録情報の変更画面などがあり、これらを利用すれば独自のサイトデザインを構築できる。

アルファサード
http://alfasado.net/

PowerCMS
http://www.powercms.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]