AMoAd、米Appceleratorの「Titanium Mobile」で開発したアプリへの広告配信を開始

アプリ開発フレームワークで作られたアプリへの広告配信に対応して収益化を支援
よろしければこちらもご覧ください

スマートフォンアドプラットフォームのAMoAdは、米国のソフトメーカー、Appceleratorのアプリ開発フレームワーク「Titanium Mobile」で作られたアプリへの広告配信を始める、と3月14日発表した。アプリ開発フレームワークによるアプリへの広告枠の組み込みは専門知識が必要になるが、広告配信に対応することでアプリ開発者の収益化を支援する。

Titanium Mobileは、ウェブ標準記述言語のJavaScriptを使って「iPhone」や、「Android」端末のアプリを開発するツールキットで、スマートフォンアプリの開発が容易になる。AMoAdは順次、主要なアプリ開発フレームワークへの対応を進める。AMoAdは2011年6月にサービスを始めて以来、「App Store」「Androidマーケット」アプリを中心にネットワーク化している。

AMoAd
http://www.amoad.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]