ブライトコーブ、スマホやタブレットPC向けのコンテンツアプリプラットフォーム「App Cloud」を発売

アプリ開発やパフォーマンスの最適化、効果測定、アプリのアップデート、モバイル広告に対応
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/12/14 0:21

オンライン動画配信のブライトコーブは、「iOS」や「Android」スマートフォンやタブレットPC向けにアプリを構築して運用するためのコンテンツアプリプラットホーム「Brightcove App Cloud(App Cloud)」の提供を12月1日開始した、と同日発表した。HTML5とWeb開発モデルをクラウドサービスと組み合わせたもので、アプリ開発やパフォーマンスの最適化、効果測定、アプリのアップデートに対応するほか、モバイル広告をサポートする。

App Cloudの開発者はHTML5、CSS3、JavaScript、AppCloud開発キット(SDK)を使用し、自社ブランド用のテンプレートを作成する。開発者ではない一般のユーザーでも、テンプレートをカスタマイズすることでアプリの作成が可能。また、カスタムテンプレートを基に新しいアプリをグラフィックを多用したインターフェース(GUI)から作成したり、テスト、プレビューすることができるという。

ブライトコーブ
http://www.brightcove.com/ja/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]