GMOクラウド、パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」を約4倍のパフォーマンスに増強

サーバーなどハードウエアを仮想化する2種類のハイパーバイザーにも対応
よろしければこちらもご覧ください

GMOインターネットグループのGMOクラウドは、同社のパブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」のサービスを増強し、12月15日に提供を開始する、と12月7日発表した。従来に比べ約4倍のパフォーマンスとなったほか、サーバーなどハードウエアを仮想化する2種類のソフト(ハイパーバイザー)「KVM」「Xen」に対応した。

パフォーマンス向上とハイパーバイザー対応のほかにも、GMOクラウドPublicは、データ転送量のコストがかからず、24時間の無料有人サポートを実現。スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作可能な「iPhone」「Android」対応の公式アプリを標準で提供する。仮想マシン(VM)数は無制限で、VMごとに仮想CPUやメモリ-、ディスク容量、帯域幅の設定が可能といった特徴がある。料金プランは1時間からの利用が可能な従量課金型と1ヵ月単位で利用可能な月額課金型の計14プラン。

GMOクラウド
http://www.gmocloud.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]