GMOクラウド、パブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」を約4倍のパフォーマンスに増強

サーバーなどハードウエアを仮想化する2種類のハイパーバイザーにも対応
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/12/14 21:25

GMOインターネットグループのGMOクラウドは、同社のパブリッククラウドサービス「GMOクラウドPublic」のサービスを増強し、12月15日に提供を開始する、と12月7日発表した。従来に比べ約4倍のパフォーマンスとなったほか、サーバーなどハードウエアを仮想化する2種類のソフト(ハイパーバイザー)「KVM」「Xen」に対応した。

パフォーマンス向上とハイパーバイザー対応のほかにも、GMOクラウドPublicは、データ転送量のコストがかからず、24時間の無料有人サポートを実現。スマートフォンやタブレット端末から遠隔操作可能な「iPhone」「Android」対応の公式アプリを標準で提供する。仮想マシン(VM)数は無制限で、VMごとに仮想CPUやメモリ-、ディスク容量、帯域幅の設定が可能といった特徴がある。料金プランは1時間からの利用が可能な従量課金型と1ヵ月単位で利用可能な月額課金型の計14プラン。

GMOクラウド
http://www.gmocloud.com/

用語集
Android / VM / iPhone / クラウド / サーバー / ハイパーバイザー / 仮想化 / 遠隔操作
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]