アイレップ、Web解析サービス「Googleアナリティクスマルチチャネル」の簡易分析サービスを提供

ユーザーのモチベーションの可視化が容易な定義、効果測定に最適な流入元チャンネルの設計を支援

検索エンジンマーケティングのアイレップは、アトリビューション分析(間接効果分析)に対応したWeb解析サービス「Googleアナリティクスマルチチャネル」の活用を支援する簡易分析サービスの提供を開始した、と9月7日発表した。ビジネスモデルに合わせ、ユーザーのモチベーションが可視化しやすくなるチャンネルの定義と、効果測定に最適な流入元チャンネルの設計を支援する。

同サービスは、ユーザーがWebサイトを訪れる際に利用したチャンネルの把握、「キーワード」「広告の掲載面」「広告の内容」によって異なるユーザーのモチベーションの分析、ユーザーとWebサイトのコミュニケーション履歴の可視化など、集客設計をする際のヒントとなる簡易レポートを提供。簡易分析以外に中長期的にWeb解析をサポートするプランも用意している。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]