カカクコム、「2011年夏スマートフォン購入状況調査!」で、スマートフォン所有率は41.9%

1月調査時の29.3%と比較して、所有率は半年で12.6ポイントと大きく上昇

各種サイト運営のカカクコムは、同社が運営する購買支援サイト「価格.com」で、「2011年夏スマートフォン購入状況調査!」を7月に実施。8月4日、調査結果を発表した。スマートフォンの所有率は、スマートフォンのみの所有者と、携帯電話との複数台の所有者の合計が41.9%だった。1月の調査では29.3%だったため、半年で12.6ポイントと大きく上昇したことになる。調査は7月14~20日に、価格.com登録ユーザーを対象にインターネットを利用して実施。有効回答数は8924、男女比は男性90.1%、女性9.9%だった。

スマートフォン所有率の詳細をみると「スマートフォンのみを持っている」が25.5%、「普通の携帯電話とスマートフォンを持っている」が16.4%、「普通の携帯電話のみを持っている」が53.4%、「普通の携帯電話もスマートフォンも持っていない」が4.7%だった。スマートフォンのOS別では、「AndroidOS」が50.6%、「iOS(iPhone)」が38.3%、「その他」が11.2%だった。1月の調査ではAndroidOSが30.9%、iOSが54.1%だったことから、AndroidOSが大きくシェアを伸ばしたことが分かる。

カカクコム
http://kakaku.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]