A/BテストやターゲティングのツールAdobe Test&Targetの日本語版が登場

インターフェイスとヘルプが日本語化されている日本語版となる。
よろしければこちらもご覧ください

アドビ システムズは、A/Bテスト・多変量テスト(MVT)、ターゲティング用のサービスAdobe Test&Target 2.9 Powered by Omnitureの提供を7月26日より日本で開始した。インターフェイスとヘルプが日本語化されている日本語版となる。

また、Test&Target 2.9では、日本語化のほかに、1:1ディスプレイによる1:1モデリングのキャンペーンや、表示mboxからのクリック測定機能が追加されている。

Adobe Test&Targetは、2009年に発表されたテストとターゲティング向けのサービス。A/Bテストや多変量テストといったテストをターゲットセグメントごとに自動実施し、効果測定することで、Webサイト訪問者の体験を最適化し、サイトのコンバージョンを向上させるもの。

・Adobe Test&Target 2.9 Powered by Omniture
http://www.omniture.com/jp/products/conversion/testandtarget

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス