MM総研、スマートフォン市場規模の推移・予測で2011年度の出荷台数は前年比2.3倍の1986万台

2012年度は単年度の出荷台数でスマートフォンが初めて過半数を超えると予測
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングリサーチのMM総研は、2015年度までの携帯電話およびスマートフォンの市場規模の予測を7月7日発表した。2010年度のスマートフォン出荷台数は前年比3.7倍の855万台で、携帯電話、スマートフォンの総出荷台数に対する比率は22.7%だった。2011年度は前年比2.3倍の1986万台で、総出荷台数の49.0%を占めると予測している。

その後の予測では、2012年度のスマートフォン出荷台数は2367万台、総出荷台数の60.1%となり、単年度の出荷台数でスマートフォンが初めて過半数を超える。2013年度は2706万台(66.7%)、2014年度は2896万台(69.9%)、2015年度は3056万台(74.0%)と拡大傾向が続く見込み。

2011年3月末のスマートフォンOS別の契約数シェアは、iOS(iPhone)が474万件(49.6%)、Androidが386万件(40.4%)、Windowsが71万件(7.4%)の順となった。MM総研は、今後もiOSがソフトバンク市場のみで展開すると仮定した場合、2011年度以降のスマートフォン出荷台数に占めるOS別シェアは、Androidが70%以上で推移するという。

MM総研
http://www.m2ri.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]