日本レジストリサービス、「JPドメイン名レジストリレポート2010」を公開

JPドメイン名の登録管理業務に関する2010年の報告書、活動とデータを紹介
よろしければこちらもご覧ください

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名の登録管理業務に関する2010年の年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2010」を公開した、と3月28日発表した。レジストリレポートは、JPドメイン名登録管理業務の取り組みや、JPドメイン名に関する統計データをまとめた資料。年次報告として2004年から毎年公開している。

2010年は、全国の中学・高校への「インターネットの仕組み」を学べる漫画の小冊子無償配布や、新聞社や商工会議所が主催する企業向けセミナーでドメイン名の活用促進に関する講演などを実施したほか、ドメイン名の理解促進サイト「ドメインまるわかり.jp」を開設した。JPドメイン名については、2001年2月の登録開始から10年となり、登録数は2011年2月1日現在で120万件を突破した。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

JPドメイン名レジストリレポート2010
http://jprs.co.jp/doc/report/registry-report-2010.pdf

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]