アタラ、コンバージョン貢献度を評価する独自指標「アトリビューション・スコア」「アトリビューション・ランク」発表

統計的手法によって流入元のコンバージョン貢献度を算出する独自手法を開発
よろしければこちらもご覧ください

マーケティングテクノロジー開発のアタラは、ユーザーがコンバージョンに至るまでに接触した媒体や各流入元の成果貢献度を評価する「Attribution/アトリビューション評価」の独自指標として、「アトリビューション・スコア」と「アトリビューション・ランク」を開発したと3月29日に発表した。

アタラが開発したアトリビューション・スコアは、各流入元のインプレッション数、クリック数、ビュースルーコンバージョン数、クリックスルーコンバージョン数、コンバージョンに至るまでの履歴数、履歴パターン数など、統計的手法で処理したデータを利用して算出する。アトリビューション・ランクは、算出したアトリビューション・スコアに各流入元のコストを加味して導き出す。

アトリビューション・スコアを使うことで、コンバージョンへの貢献度を流入元ごとに指標で示すことができ、コスト効率でランクづけするアトリビューション・ランクによって、コンバージョンへの貢献度効率の良いものから優先的にメディア・プランに組み込めるようになる。また、直接的なコンバージョンだけでなく間接的なコンバージョンへの貢献度も含めて指標化しており、従来は効果の見えにくかったバナー広告などの流入元が再評価されるため、流入チャネルの多様化を実現できるという。

アタラでは、アトリビューション評価を通じて、インターネット・マーケティングの効果を最適化し、適正な予算配分の実現を目指す。

4月30日まで、抽選で10社にアトリビューション評価を無料実施するキャンペーンを行う。

アタラ
http://www.atara.co.jp/

アトリビューション情報サイト「Attribution.jp」
http://www.attribution.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス