ロックオン、広告効果測定ツール「アドエビス」のオプションをバージョンアップ

ユーザーからの要望を基に「SEOエビス」「エージェント権限」の機能を向上
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、インターネット広告効果測定ツール「アドエビス」のオプションサービスでSEO効果を測定する「SEOエビス」と、複数の代理店が管理できる「エージェント権限」の機能をバージョンアップした、と3月22日発表した。ユーザーからの改善要望を基に機能を向上させた。

検索エンジンからの効果測定が可能なSEOエビスは、検索時に除外ワードが設定できるようになった。エージェント権限は、契約アカウントが1つあれば、その権限(管理者権限)で複数の「子権限」を設定できるオプション。子権限でも直接効果測定や期間別集計を行う「AD」機能、エリア・ターゲティングや異なるバージョンのページを並列で表示し、コンバージョン率の差を見る「a/bテスト」ができる「LPO」機能などが細かく設定できるようにした。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]