DM3(デジタルマーケティング成熟度モデル)の標準フレームワークをWebtrendsが発表

デジタルマーケティングを行うにあたっての組織の成熟度
よろしければこちらもご覧ください

株式会社ウェブトレンズ・ジャパンは、アクセス解析に留まらず、オンラインマーケティングに関して、どういった組織ではどういったことをするべきかを判断し、マーケティングプロセスを改善していくことで、デジタルマーケティングをより適切に実践・管理していくためのフレームワーク「Webtrendsデジタルマーケティング成熟度モデル」を日本でも提供していくことを12月14日に発表した。同社では、このフレームワークを「DM3」(ディー・エム・スリー、「Digital Marketing Maturity Model」の略)と呼んでいる。

ソフトウェア開発の業界では、組織がプロセス改善を行うためのモデルとして「CMM」(能力成熟度モデル、Capability Maturity Model)が昔からあり、その後「CMMI」(CMM統合)として認知され、評価されているが、そのオンラインマーケティング版だといえる。

DM3は、

  • 組織としてデジタルマーケティングをどれだけ適切に行える状態にあるのかを把握し
  • 今後6か月~18か月でどうした改善・行動をしていくべきかのロードマップを作る

ためのフレームワークとして、同社が独自に開発したもの。

DM3は現在2段階で設計されている。

  1. まずは、マーケティングに携わる個々人が、同社がオンラインで行っている調査(アンケート形式のサーベイ)に回答することから始まる。この調査(5分~15分程度、無料)に協力すると、ウェブトレンズのスタッフが回答を分析して、後日メールで「現在、回答者がデジタルマーケティングの成熟段階でどのレベルにあるのか」のスコアリング結果を届けてくれる(この段階で、世の中の他社がどのレベルにあるのかの平均や分布も明らかになる)。

  2. その後は、組織に対する有償のコンサルティングサービスとなる。社内の複数の個人による回答をもとに、組織としての成熟度を判定し、6か月~18か月で進むべきロードマップを作成してもらい、それに応じて行動していくことになる。

回答するのは各個人だが、マネージャや現場担当者など、さまざまな人が回答することで、組織内の現状ギャップを明らかにしていくことができるとしている。

日本語版DM3のアンケートは、2011年1月4日以降、以下のページで受け付けていく予定。

http://worldwide.webtrends.com/jp/products/services/dm3/survey.aspx

DM3では、デジタルマーケティングの執行を、6つの分野

  • 測定戦略(Measurement Strategy)
  • 解析リソースと課題分野の専門知識(Analytics Resources & Domain Expertise)
  • データ統合と可視化(Data Integration & Visualization)
  • 分析と考察/仮説(Analysis & Insight)
  • 情報/課題共有とプロセス管理(Adoption & Governance)
  • 最適化と改善の実行(Ongoing Optimization)

に整理しており、それぞれの分野で4つのレベルの成熟度と、各分野に共通な測定プラクティスが記述されたプロファイルを定義している。

また、フォーカスエリアとしては、以下の3つが定義されている。

  • ウェブサイト分析
  • 新規顧客獲得マーケティング
  • 顧客維持マーケティング

ウェブトレンズはアクセス解析ツールのベンダーという認知が高いが、DM3は、モバイル、ソーシャル、Web、検索エンジンなど、単なるアクセス解析に留まらない、企業のオンラインマーケティング全般を扱うものとなっているのが特徴。

海外では、2009年6月からDM3が提供されており、すでに約300社の大企業がDM3の評価調査に参加し、調査に回答している。各分野の平均スコアと得点分布を以下に示す。

平均スコア
スコア分布

業種別に見ると、たとえば、金融関連企業はIT関連企業に比べ、最適化の実践レベルにおいて高いスコアを記録している。また、データ統合と可視化の分野については、米国内の企業の平均スコアは、英国企業を下回っているといった特徴が読めるとのこと。

株式会社ウェブトレンズ・ジャパンの代表取締役社長 木村 和之氏は、DM3について次のように述べている。

DM3は企業がどのように効果的なデジタルマーケティングの実践と管理を行うべきか、またそれを維持していくためのリソースをどのように築き上げていけばよいのかという点を理解する上で標準となるフレームワークです

多くの企業が直面しているように、単純にアクセス解析ツールを導入し、使っていくだけでは、デジタルマーケティングの実践と管理を成功させていくには不十分です。WebtrendsはDM3を理解し、活用していただく過程で、収集されたデータを効果的に利用するための正しい知識や専門技能を身につけ、施策を実践・管理していくプロセスについてお客様自身がベンチマークを行い、次のステップへと進むためのお手伝いができるものと考えています

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]