さくらインターネット、専用サーバーのスペック増強とプラン改定を12月9日に実施

CPUをマルチコアXeonに統一、さらに「Citrix XenServer」の提供で仮想環境の構築も可能に

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、同社の運営する専用サーバーサービスで提供するサーバーモデルをリニューアル、サーバースペックの増強に伴ってプラン改定を12月9日に実施する、と11月30日に発表した。同時にOSプランも拡充、仮想化ソフトウェア「Citrix XenServer」の提供を開始する。

リニューアルされるのは、専用サーバーの「ベーシック」「RAID」プラン、専用サーバ ー「Platform St」で提供する同社開発のオリジナルサーバー。CPUのマルチコアXeonへの統一や標準搭載メモリ容量を2GBから4GBに増強、上位モデルでは最大16GBまで拡張可能になるなどスペック強化を図る。さらに新しいOSプラン「Citrix XenServer 5.6」(無償版)を追加し、専用サーバーで仮想環境の構築が可能となる。

料金は専用サーバー「ベーシック」プランが初期費用7万9800円、月額8800円から。プランや仕様によって異なる。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]