本格的ソーシャルメディア分析ツール「SAS Social Media Analytics」サービス開始 BI分野での実績をクチコミ分析に

インターネット上でやりとりされているユーザー同士の会話を集めて統合・分析し、その情報に基づいて意志決定を行う
よろしければこちらもご覧ください

SAS Institute Japan株式会社は、企業がソーシャルメディアを活用したマーケティング活動を行うことを支援するソリューション「SAS Social Media Analytics(ソーシャルメディア・アナリティクス)」の提供を開始すると11月18日に発表した。

SAS Social Media Analyticsは、インターネット上でやりとりされているユーザー同士の会話を集めて統合・分析し、その情報に基づいて意志決定を行うためのもの。

ブランドや製品に関してユーザーがどのように感じているか(好意的なのか否定的なのか)、だれがユーザーに強い影響を与えているのか、ソーシャルメディア上での会話が自社の業績にどのように影響を与えているかなどを把握できる。

データの分析やレポートの切り口としては、ダッシュボード的にクチコミの傾向を俯瞰したり、全体のトレンドを分析したり、リアルタイムにモニターしたり、インフルエンサーを調べたり、よく発言される言葉のパターンを俯瞰したりといったことが可能。

データは、FacebookなどのSNSやTwitter、YouTube、掲示板、ブログなどから取得しており、2年間分以上のデータを保管して分析できる。また、年内には、FlickrやMyspaceのAPIへの対応、データアップロード機能での社内データ統合、パスワード制限つきサイトへのカスタムクロールなどの機能が提供される予定。

製品の特徴としては、CRMツールや既存のマーケティングシステムと連携することでビジネス戦略に即したデータ分析が可能なことや、2年以上の長期データ保存ができること、オンラインでの影響を定量化して将来の会話量や業績への影響を予測し各種マーケティング指標と関連づけできることなどが挙げられる。また、データの分析や分類はブラックボックスではなく、企業のルールや各トピックの現状に合わせて利用者が分類したりルールを定義してチューニングしたりできるのも特徴。

SASは、ビジネス分析ソフト/サービスの企業で、ビジネス・インテリジェンス(BI)分野では最大級の独立ベンダー。今回発表されたSAS Social Media Analyticsは、同社のデータ分析、非構造データ処理、ビジネス・インテリジェンスといった技術や経験を活かしたサービスとなっている。

SaaS型のサービス提供で、各種メディアをクロールしてのデータ収集、収集したデータの保存、データ分析、レポート提供まで、同社のデータセンター(米国)内のシステムで行われる。サービス利用料は要問い合わせ。契約すればすぐに利用できるサービスではなく、要件定義から分析分類の定義などが必要なため、現在は導入に標準で10週間(2~3か月)程度かかるとのこと。

導入サービスは500万円程度から(モニタするブランドの数によって利用料が変わる)。サービス利用料は月額100万円程度からで、年単位での契約となる。

すでに海外では大手企業で導入されており、国内では携帯キャリアがテスト導入しているとのこと。

・SAS Institute Japan株式会社
http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/index.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]