在宅勤務対応メール共有管理システム「WEB CAS mailcenter for在宅クラウド」をエイジアが発売

在宅オペレーター利用を想定したメール共有管理システム
よろしければこちらもご覧ください

株式会社エイジアは、同社が提供するe-CRMシステム「WEB CAS」シリーズの新製品となる「WEB CAS mailcenter(ウェブキャス メールセンター) for 在宅クラウド」を11月12日に発売した。

在宅オペレーター利用を想定したメール共有管理システムで、顧客メール対応業務を在宅オペレータが行えるようにするもの。育児や介護などの理由でこれまで就業が難しかった勤労意欲が高いオペレータに在宅で就労してもらい、さらに人件費を抑制しながら、顧客からのメールへの対応を迅速に行えるとしている。

メール共有管理システムは、企業のメール問い合わせ窓口や問い合わせフォームに届く顧客からの問い合わせを一元管理するもので、複数担当者による二重対応や対応漏れを防ぎ、テンプレートや承認機能によってスキルを問わず適切な対応ができるようにするもの。

パブリッククラウド(SaaS)版、プライベートクラウド版、インストール型パッケージ版の3種類の提供形式が用意されている。利用料は環境や仕様によって異なるため、要問い合わせ。

WEB CAS mailcenter for在宅クラウド
http://webcas.azia.jp/mailcenter/zaitaku/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]