ホットリンク、電通、凸版印刷ら4社と共同で、企業向けTwitter分析技術を開発

11月16日に口コミ・ブログ分析ASPサービス「クチコミ@係長」で提供開始
よろしければこちらもご覧ください

エージェントシステム開発のホットリンクは、バズマーケティングのサイバー・バズ、電通、凸版印刷、ソーシャルメディアマーケティングのトライバルメディアハウスと共同で、Twitter上での情報伝播の分析技術を開発した、と11月1日に発表した。開発された技術は、各社が保有するソーシャルメディア分析ツールにそれぞれ組み込まれる予定。

開発された主な分析技術は、▽Twitter上での発言やリーチなど露出指標の定量化▽ユーザーごとの影響力の定量化▽つぶやき情報伝搬経路の可視化▽時間別話題内容の変化把握▽つぶやきの評判分析など。現状ではばらばらの指標を業界共通の定量化数値として共有可能にした。

サービスの販売は、11月16日に、ホットリンクの口コミ・ブログ分析ASPサービス「クチコミ@係長」の追加オプションとして提供開始される。料金は3ワードで月額2万円、追加1ワードにつき月額1万円。

http://www.hottolink.co.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]