GMOホスティング&セキュリティのアイルで「Web高速化(CDN)サービス」を提供開始

大規模なキャッシュサーバーネットワークを利用して表示を高速化
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は、同社が運営するホスティングブランド「アイル」で、「Web高速化(CDN)サービス」を提供開始した、と10月5日に発表した。

Webサイトの表示速度を大幅に向上させ、トラフィック分散でサーバー負荷を軽減する。大規模なサーバーネットワークを経由してWebコンテンツを配信、エンドユーザーに最も近いキャッシュサーバーから配信を実行することで表示速度が高速化する仕組み。メインサーバーへのリクエスト回数も減るため、負荷軽減につながる。

Webコンテンツを多数のキャッシュサーバーに分散配置しているので、一部のキャッシュサーバーやネットワークに不具合が起きた場合でも、別のキャッシュサーバーから別ルートでWebコンテンツを配信することも可能。

料金は初期設定費用1万500円、月額利用料は転送量1GBで105円からの従量課金制。アイル以外のサーバーユーザーでも利用できる。

Web高速化(CDNサービス
http://private.isle.jp/news/landing/cdn.html
http://private.isle.jp/service/option/cdn/

GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]