ORIMOが「PC及びケータイでの買い物に関する調査」、購入トップは「本、雑誌」

全体の3割がモバイルコマースの利用経験、今後も利用は約4割
よろしければこちらもご覧ください

インターネットリサーチ事業のORIMOは、同社のアンケートモニターを対象に「PC及びケータイでの買い物に関する調査」をモバイルリサーチで実施、結果を9月17日に発表した。それによると、モバイルコマースでの購入トップは「本、雑誌」で、店頭で買わなくなったものは「音楽、CD、DVD」が29.3%だった。調査は9月1日から9月10日に実施、対象は20代から50代の男女で有効回答数は1000。

調査では、モバイルコマースの経験者は33.5%。PCでのeコマース経験者は84.6%。3人にひとりがモバイルコマースの経験があった。モバイルコマースの利用者は20代と30代女性の割合が高く、年代が上がるにつれて割合が減少する傾向が見られた。今後は、PCでは84.3%が、モバイルでは38.9%が利用していくと回答した。

PCとケータイで購入したものの上位3ジャンルは共に同じで、1位が「本、雑誌」(PC54.8%・モバイル17.3%)、2位が「ファッション」(PC48.6%・モバイル16.7%)、3位が「音楽、CD、DVD」(PC45.3%・モバイル11.9%)だった。逆に店頭で買わなくなったものは、「音楽、CD、DVD」が29.3%、「本、雑誌」22.5%、「家電」11.2%だった。「店頭で買わなくなったものが特にない」は45.4%で半数を占めた。

ORIMO
http://www.orimo-r.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]