GMOグローバルサインがライセンス体系変更、1枚のSSLサーバー証明書を複数サーバーで利用可能に

クラウド環境での利用時でも証明書の追加購入なしでサーバー増強が可能に

電子認証サービスのGMOグローバルサインは、同社の提供するSSLサーバー証明書サービス「クイック認証SSL」「企業認証SSL」「EV SSL」で、1枚のSSLサーバ証明書を複数台のサーバーにインストールできるよう、ライセンス体系を変更する、と9月21日に発表した。これにより、クラウド環境での利用時にもSSLサーバー証明書を追加で購入せずにサーバー増強が可能になる。SSLサーバー証明書の価格変更はない。同一ドメインによる複数コモンネームのサイトを運用する場合は、「ワイルドカードオプション」を組み合わせることで、1枚のSSLサーバー証明書でSSL暗号化を行うことができる。

GMOグローバルサイン
http://jp.globalsign.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]